バンダイ 1:100スケール プラスチックキット

OZ-00MS2B トールギスⅢ

「新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ」より

キットについて

バンダイ100分の1スケールのトールギスⅢです。このキットはプロポーションが良好で武器も多く、なかなか良いキットです。組んでみてわかった欠点としては、可動範囲が狭いことと装甲の裏のディティールが無いことなどがあげられますので、そのあたりを改造すると良いのではないかと思います。
また、トールギス、トールギスⅡとしても組みことができます。現在(2001年1月)我が家に未組み立てキットがあるのでいつかこれをトールギスとして組んでみたいと思っています。

改造ポイント

主な改造ポイントは、ビームキャノンのジョイントの変更とディティールアップ、コックピットハッチの開閉です。
ビームキャノンのジョイント基部をBジョイントに変更し、ジョイントをトールギス用のシールドジョイントに変更しました。これによってポーズの自由度が上がり、またビームキャノン非装備時の見栄えもよくなります。この改造はお勧めです。あとビームキャノンのパイプ部をビニールパイプに換えました。これによって質感の変化がアクセントとなります。
コックピットハッチは青いパーツの部分を付ける胴体部に穴をあけ、流用パーツのジョイントで開閉するようにしました。内部はバルキリーの座席を移植しました。

塗装・マーキング

本体の白はつや消しホワイトを使いました。青の部分はキャラクターブルーをベースにしたものを、グレーの部分はミッドナイトブルーだったと思います。なにしろ3年前のものでしたので詳しくは覚えていません。
装甲の裏はつや消しの黒をあらかじめ塗っておきました。これによって明暗がはっきりしたと思います。
左肩の追加装甲はマスキングし、青で塗装、その上にⅢのデカールを貼りました。結構いいアクセントになっていると思いますがいかがでしょうか。